パンにまつわる情報と口コミを載せています

パンの歴史

パン
小麦とライ麦の最古のは、テルアブHureyraの遺跡で発見されました。

 

小麦は、それまたはローストを粉末化したもの砥石に水を加えて煮する発掘調査がどろどろに食べ始めたあるために懸命に外皮から推定される。

 

さらに、後期チャタル·ヒュユク部位において、パン小麦が発見されている(それは熱および冷に対して抵抗性であるため、広い範囲で成長させることができ、グルテン多くに膨張させることができる)。

 

そこ木原Hitoshideパン小麦の親野生種二つ粒小麦粉(一粒小麦、互いに野生種の子の小麦くさび)の足穂小麦であることを発見したことに注目すべきである。

 

根底にある遺跡からトゥアンと「ジョー機器のパンで焼いたパン窯」「灰の下に焼きたてのパン」から「人工的に発酵したお粥」、中間層を発見し判明している。

 

お粥、天然酵母と乳酸菌のような数日間のもののために去ったときToritsukiは、自然発酵を開始、サワーができている。

 

 

最初に、このような腐った廃棄された、捨てずに焼いたものを食べることができるだけでなく、それは、それが柔らかくなることに気づいたと現代につながる発酵パンの調製されたため、検出されたと考えられる。

 

 

パンは大麦からつくられていた

最初はパンが、多くの場合、大麦から作られたが、徐々に小麦で作られているものが中心だった。

 

古代エジプトでは積極的にパン、給与や税金もパンでの支払いがOKだった。
発酵パンも、この時代のエジプトです。
それは古代ローマ時代になると、パン屋や菓子も登場しました。

 

ポンペイから、パン屋の時に発掘されています。すでに大ミルストーン(石臼)が石で作られ使用されてきた。ほぼポンペイで同じプロセス、パンの形と出土したパンは、現代では、近隣地域で行われている。中世にこの時代から、パンなどの製造工程において有意な変化がなかった。

 

高級品だった

小麦のパンはヨーロッパ中世にパン、特に農民や都市下層住民の最高をされているが、製品は小麦と混合されるパンやライ麦パンを食べることがしばしばあった
。飢饉が発生した場合のさらなる混ぜ物の量が多くなった。

 

非穀物の栄養源とは、15世紀フランス、オーヴェルニュの、不十分し、また、その時点で薄くトランサトウキビワールと呼ばれるものをパンスライスした大きな丸もあり、それは皿の代わりに使用されたこと貴族は、1年間500㎏のパンを消費していた。

 

これはすでに確立されていた時間が、パン屋で市内で、市の当局は、住民の生活のために一定にパンの価格を減らすために規制が並んで、とされている。このため、小麦など原材料の価格価格はだったか、あなたが混ぜことができますたくさんある場所にパンの軽量化を行ったになったとき、それが高いです。

 

しかし、市の当局は、パンの品質に厳しい規制が常にだっ築くことが一般的である。
パンは大きな力を持っていることが多いでした、人々の生活に不可欠であり、公共の位置肉屋とパン屋のミッドTsunfutoを持っています。この場合は、一貫して観光することでパン屋、パンは、それ自体が粉末を打者小麦粉市民が混練持って焼くために任されて、自分の労働力だったためにパンは電荷を持って焼くものとの間に明確なギャップがある。

 

農村部での設置領主が後に利用可能でなければならない力権を使用するように設定し、されていたベーキング窯のでパンにパン屋で焼成することとなった農村。

 

18世紀には小麦が主食に

徐々に、18世紀頃からヨーロッパでは、市民の生活を向上させ、農業の改善と生産地域の拡大によりライ麦小麦の代わりに量の面でも、小麦の生産の拡大だけでなく、食事療法の中心小麦となります中心になった。

 

その後、大きなオーブン中発明ミリング技術の開発が、大きなパンが現れた。酵母の存在は微生物学の発展によって確認し、19世紀に入力され、それは出芽酵母は、この工業化から酵母への単一の文化であったこと、東を使用することが可能となった。
また、それに加えて、重曹とベーキングパウダーの代わりに、酵母で膨らませてもパンを作ることになった。

 

またそのような現代の生地技術の発酵の管理にコンディショナーを使用したとして、発酵の改善が見られている。

 

 

おすすめサイト

公益財団法人 日本生涯学習協議会 パンコーディネーター認定